寒川総合図書館・寒川文書館:文書館をご利用の方
メニューここから
メニューを飛ばす
メニューここまで
本文ここから

文書館の概要


寒川文書館の役割

 寒川文書館は、公文書館法にもとづき、寒川地域に関する記録資料について、調査、収集、整理、保存し、皆さまに利用していただくための施設です。
 では、地域に関する記録資料とはどのようなものでしょうか。一つは、町職員が日々作成する公文書です。公文書は保存年限が決まっていて、行政的価値が消滅すると原則として廃棄しますが、その中から歴史資料として重要なものを評価選別して保存します。
 もう一つは、町史編さん事業で調査した資料です。寒川町では昭和61年度から町史編さん事業を手がけ、数多くの町内外の個人・団体所蔵の古文書等を調査しました。その数は約52,000点に及び、650,000コマ以上のマイクロフィルムに収められました。
 その他にも、行政刊行物や図書、地図、新聞、タウン紙など、寒川に関するあらゆる記録資料を収集・保存し、提供します。
 カウンターでは調べ物のお手伝いをしますので、お気軽にご相談ください。また、資料を使った展示会や講座・講演会も随時開催しています。
 キャッチフレーズは「みんなが足を運びたくなる文書館」。ぜひ総合図書館4階へお越し下さい。

  • 開館までのあゆみ
  • 5つの基本理念
  • このページの先頭へ戻る

    施設の概要

    位 置 寒川総合図書館4階
    床面積 約840u
    主な施設 文書資料室(収蔵庫)、閲覧コーナー、開架書架、展示コーナー、写真資料室
    書架延長 2,539m
    設 備 文書資料室内の温度・湿度を一定に保つため、専用の空調機械を設けています。また、万一の火災に備えて、窒素ガス消火システムを備えています。
    写真:閲覧コーナー 写真:収蔵庫 写真:開架書架 写真:展示コーナー
    閲覧コーナー収蔵庫開架書架展示コーナー

    *フロアマップは「寒川総合図書館・寒川文書館について」のページをご覧下さい。

    このページの先頭へ戻る

    アクセス