寒川総合図書館・寒川文書館:文書館をご利用の方

開館記念展示「ようこそ文書館へ」
(会期:平成18年11月3日〜平成19年3月14日)


はじめに

展示風景
展示風景
 寒川文書館に収蔵されている数多くの記録資料は、寒川町史編さん事業を通じて整理・保存されてきたものです。寒川文書館はその成果をひろく町民のみなさんに活用していただく目的で設立されました。
 歴史資料をはじめ、町のさまざまな情報をわかりやすく提供すること。それが寒川文書館の基本的な役割です。

1 寒川文書館のできるまで

 昭和61年(1986)4月より始まった寒川町史編さん事業の推移と文書館が開館するまでの経緯、県内の公文書館4館の施設概要などともに、全国に設置されている公文書館を日本地図上にポイントして掲示しました。全国の公文書館分布図
全国の公文書館分布図

2 寒川文書館の活動

「協働」による図書配架作業
「協働」による図書配架作業
 文書館の役割と業務のながれについてまとめました。また、基本理念のひとつである町民との「協働」による文書館の運営に関する活動についても紹介しました。

3 寒川の記録資料

   寒川に残るさまざまな記録資料を紹介しました。

  <古文書>
 町史編さん事業の中で調査・整理した約52,000点の中から「古文書に見る領主と領民」、「一之宮寄場組合」というテーマで紹介しました。 岡田村年貢割付状
享保8年(1723) 三枝茂代氏蔵
岡田村年貢割付状
一之宮寄場組合御用留
入沢章氏蔵
一之宮寄場組合御用留
  <歴史的公文書>
  寒川村・寒川町が作成した公文書の中から寒川村の誕生(明治22年)〜町制施行(昭和15年)に関する「村から町へ」、戦後の町制要覧や社会教育に関する「昭和20・30年代」の2テーマで展示しました。 最初の村長選挙の議事録
明治22年(1889)7月2日
最初の村長選挙の議事録
寒川町勢要覧
(昭和25年)
寒川町勢要覧(昭和25年)
  <寒川の絵図と地図>
  江戸時代に作られた村絵図や町域を流れる相模川の普請絵図、および近代の相模鉄道沿線鳥瞰図を紹介しました。 小動村絵図
(年未詳) 脇文亮氏蔵
小動村絵図
相模川附村々麁絵図
文政7年(1824) 皆川邦直氏蔵
相模川附村々麁絵図
  <寒川の写真>
  文書だけではわからない、さまざまな情報を伝えてくれる写真を、明治・大正期、昭和期の2期に分けて展示しました。 相模川砂利採取船
昭和初年 亀山直平氏蔵
相模川砂利採取船
町制施行10周年記念行事
昭和25年(1950)
町制施行10周年記念行事

4 文書館活用術

高野山高室院の登山帳
高野山高室院の登山帳
昭和初年の目久尻川
昭和初年の目久尻川
 「先祖の情報を探す」、「目久尻川再考」、「仏教美術書に触れる」、「献立表から食を考える」、「昭和40年の町探検」の5テーマで、歴史の勉強に限定されない文書館の活用法を提案しました。

5 寒川を知る10冊

 寒川を知るための基本的な図書10冊を紹介しました。展示が終了した現在でも開架書架コーナーでご覧いただけます。  『宮山中里遺跡・宮山台畑遺跡』/『相模の神輿』
 『増補改訂版 梶原景時』/『寒川温室五十年の歩み』
 『郷土の石碑』/『相模線沿線散歩』
 『郷紳遺芳』/『神奈川の促成いちごの歩み』
 『近世の豪農と村落共同体』/『相模川事典』
 

本文ここまで