寒川総合図書館・寒川文書館:文書館をご利用の方

第6回企画展示 広報さむかわの60年
(会期:平成21年3月8日〜8月31日)


  寒川町の情報誌『広報さむかわ』は、昭和24年(1949)6月創刊の『寒川弘報』にはじまります。 ところで、広報が今日のような形になるまでには、紙面や内容のうえで様々な変遷がありました。 そこで、町民のみなさんにとって親しみやすい広報をめざし、『広報さむかわ』が現在までに どのような歩みを積み重ねてきたのかを、広報の紙面や写真などを用い、いろいろな角度からご紹介します。
  なお、この展示は、総務部広報情報課との共催で実施しました。
広報1月号表紙
広報1月号表紙(創刊〜現在まで)

T 『寒川弘報』の誕生

  地方自治における弘報活動の重要性に強い期待を抱いていた町長真田喜一により、昭和24年(1949)3月1日、寒川町弘報委員会が発足し、昭和24年(1949)6月27日に『寒川弘報』が創刊されました。
『寒川弘報』創刊号表紙
『寒川弘報』創刊号表紙
弘報委員会がおかれた寒川町図書館・公民館
弘報委員会がおかれた寒川町
図書館・公民館

U 紙面のうつりかわり

  より読みやすく保存しやすい広報をめざし、サイズ変更やカラー化、増ページ、特集号や「おしらせ版」の発行など、これまで紙面の刷新が何度も繰り返されてきました。
選挙特集号(昭和30年4月)
選挙特集号
(昭和30年4月)
『広報さむかわ』2007年5月号
『広報さむかわ』
2007年5月号

V 寒川の節目を伝える広報

  町の節目を広報がどのように伝えてきたのかを、広報の記念号と、村制・町制施行記念の特集記事からご紹介します。
町制10周年記念(『寒川弘報』昭和25年11月号)
町制10周年記念
(『寒川弘報』昭和25年11月号)

W 親しまれる広報をめざして

   広報ではこれまで、親しまれる紙面づくりのために、様々な企画・広報活動に取り組んできました。
 <連載・いまむかし>

  昔の広報にはどんな連載があったのでしょうか?今の広報と見比べてみると、時代背景が浮かび上がってくるかもしれません。
連載漫画「泰平一家」(『広報さむかわ』昭和41年7月号)
連載漫画「泰平一家」
(『広報さむかわ』
昭和41年7月号)
 <町のみなさんとともに>

  広報は「まちの情報誌」として、様々な出来事をお伝えしてきました。ときには広報モニターや小学生記者として、町民の皆さんに取材・編集に直接参加していただきました。
広報モニター委嘱式
広報モニター委嘱式
ちびっ子記者の取材活動
ちびっ子記者の取材活動
 <さまざまな広報活動>

  広報情報課では、広報本紙以外にも様々な印刷物を発行してきました。近年では、ケーブルテレビやホームページなど新しい媒体を用いた広報活動も、積極的に繰り広げています。
寒川ふるさとカレンダー
寒川ふるさとカレンダー
ケーブルテレビの収録
ケーブルテレビの収録

X 広報の取材活動

  広報は毎月どのようにして発行されているのでしょうか?広報ができるまでの流れや、舞台裏を紹介しました。
2ヶ月前から取材開始
2ヶ月前から取材開始
『広報さむかわ』2008年11月号が神奈川県広報コンクールに入選
『広報さむかわ』2008年
11月号が神奈川県広報
コンクールに入選
本文ここまで