寒川総合図書館・寒川文書館:文書館をご利用の方

第7回企画展示 寒川村ができたころ ―120年前の世界―
(会期:平成21年9月6日〜2月28日)


   寒川町の前身である寒川村は、「市制・町村制」により、11か村が合併して明治22年(1889)4月に成立しました。
それからちょうど120年になるのを記念して、当時の公文書、写真、日記などを用いながら、村の成り立ちや行政の始まり、人々のくらしなどについてご紹介します。
初代寒川村長の公印
初代寒川村長の公印

1889年ごろの世界

  寒川村ができた1889年の日本や世界に眼を向けてみると、私たちのよく知っているさまざまなできごとがほぼ同時に起こっていました。 エッフェル塔
エッフェル塔
歌舞伎座
歌舞伎座の建設
横須賀線の開業

横須賀線の開業

市町村のうつりかわり

  寒川村は明治22年に周辺11か村が合併して誕生しましたが、当時は日本全国で「明治の大合併」と呼ばれる動きがありました。
 このコーナーでは明治から平成に至るまでの市町村数の変遷や合併に関する法規を紹介しています。
市町村数の変遷
市町村数の変遷

町村制と寒川村

   村の成立、議員や村長など村政に関わった人々、村役場の設置などを史料・写真と共に見ていきます。
<寒川村の成立>
 寒川村は「町村制」の施行により、一之宮村、中瀬村、下大曲村、岡田村、大曲村、小谷村、大蔵村、小動村、宮山村、倉見村、田端村の11か村の合併によって明治22年4月に成立しました。
町村制施行を伝える「神奈川県公報」
町村制施行を伝える
「神奈川県公報」
<村議会の発足>
  村成立時に行政を担った村会議員、村長や村会議事録などを紹介しています。
寒川村会議事録
寒川村会議事録
初代村長 入沢知周
初代村長 入沢知周
<村役場の設置>
  寒川村役場は宮山935番地、現在のさむかわ保育園の場所に設置され、昭和51年に現在の町役場庁舎に移転するまでの87年間、行政の中心であり続けました。
明治時代の寒川村役場
明治時代の寒川村役場
<地域とのつながり>   寒川村では大字ごとに委員を選出し、村政を支える存在として位置づけていました。そこには旧来の11か村それぞれの生活習慣や自治的役割を尊重する意味もあったようです。 大蔵委員当選につき通知
大蔵委員当選につき通知

寒川村のくらし

家計簿などの地域に残された史料をもとに、当時の生活やできごとをご紹介します。 北村嘉右衛門家の金銭出納帳
北村嘉右衛門家の
金銭出納帳
平太郎堰改修の取り決め
平太郎堰改修の
取り決め
展覧会の賞牌
展覧会の賞牌

寒川そのとき

   寒川村ができた1889年前後には、日本を大きく変えるさまざまな制度が誕生しました。
   そのとき寒川村では具体的にどのような対応があったのでしょうか。
<大日本帝国憲法発布>
  大日本帝国憲法は明治22年2月11日に発布されました。憲法の制定に寒川村もお祝いの空気に包まれました。
憲法制定祝詞
憲法制定祝詞
<教育勅語発布>
 「教育ニ関スル勅語」といい、政府が国民思想や教育の統一をはかるために制定したものです。勅語の公布と当時に、文部省は全国の小学校に謄本を配布し、奉読してその趣旨を浸透させることを命じました。
教育勅語奉戴訓示
教育勅語奉戴訓示
<地券の廃止と土地台帳>
 明治6年の地租改正では土地所有者、地価を示した地券が発行され、それに基づいて収税が行われました。この地券は明治22年に廃止となり、以降は土地台帳が作られることになりました。寒川村にもその頃の土地台帳や写しが残っています。
土地台帳写
土地台帳写

展示ケースの資料から

  展示ケースでは寒川村ができたころの文書や、歴代の村長たちが使用した公印のうつりかわりなどを紹介しています。
村役場敷地の賃貸契約書(付図)
村役場敷地の
賃貸契約書(付図)
本文ここまで