寒川総合図書館・寒川文書館:文書館をご利用の方

第13回企画展示 江戸時代の一之宮村
(会期:平成24年9月23日〜25年2月28日)


  今年、入沢章さん(一之宮)の所蔵する古文書が、寒川文書館に寄託されました。
 一之宮村は、大山街道と中原道が交差する交通の要衝で、江戸時代以降たいへん繁栄しました。入沢家は、この一之宮村の名主などをつとめた旧家です。
 そこで今回の企画展示では、江戸時代の一之宮村のようすや人々の暮らしぶりについて、入沢家の古文書や町内のお宅に残された古文書などをもとにご紹介します。
一之宮不動堂
一之宮不動堂

1 一之宮村の概要

 寒川町一之宮は、江戸時代には一之宮村、もしくは町屋村と呼ばれていました。江戸から15里(約60q)離れており、東海道藤沢宿から大山不動へ通じる街道沿いにあったため、はやくから町場化が進みました。村高は1,040石強、家数は天保11年(1840)の時点で109軒でした。 文政7年 相模川附村々麁絵図面(皆川邦直さん蔵)※部分拡大
文政7年 相模川附村々麁絵図面
(皆川邦直さん蔵)※部分拡大

2 一之宮村の領主

  一之宮村は、旗本の森氏と松平氏が分割して治めていました(一時期のみ幕府代官も支配に加わっています)。複数の領主が一つの村を支配することは、江戸時代、とくに関東の場合には決して珍しいことではありません。こうした支配のしかたを、「相給」といいます。 旗本松平氏の家紋
旗本松平氏の家紋
旗本森氏の家紋
旗本森氏の家紋
天保5年 一之宮村名主の江戸逗留日記(入沢章さん蔵)
天保5年 一之宮村名主の江戸逗留日記(入沢章さん蔵)

3 村の生活

 江戸時代の村は、領主支配の単位であるとともに、人々の生活の場でもありました。
明治9年 一之宮村絵図(一之宮八幡大神蔵)
明治9年 一之宮村絵図
(一之宮八幡大神蔵)
慶応2年 名主役任命書(入沢章さん蔵)
慶応2年 名主役任命書
(入沢章さん蔵)

4 大山道と中原道

 一之宮村は田村通り大山道と中原道が交差する交通の要衝で、どちらも田村の渡しで相模川を越えていました。大山参りの集中する夏には、多くの参詣者で賑わい、宿屋や茶屋を営む村民も多くありました。中原道も物資の輸送に大きな役割を果たしていました。 一之宮不動堂前の力石と道標
一之宮不動堂前の力石と道標
明治末年頃の大山街道(重田はつみさん蔵)
明治末年頃の大山街道
(重田はつみさん蔵)
天保14年 農間余業調査(入沢章さん蔵)
天保14年 農間余業調査
(入沢章さん蔵)

5 一之宮村寄場組合

  一之宮村は、天保8年(1837)から明治4年(1872)まで、「寄場組合」という村連合において、中心的な役割を果たしました。
<寄場組合とは>
 寄場組合とは、文政10年(1827)、幕府が関東農村の治安維持のために設置したもので、だいたい40〜60ヶ村ほどの村々で組織され、そのうち交通・経済的に中枢の村が「親村」とされました。寒川町域の11ヶ村は当初、藤沢宿寄場組合に属していましたが、天保8年(1837)に分離独立し、一之宮村を親村とする「一之宮寄場組合」28ヶ村が成立しました。
一之宮寄場会所印(三澤恵一さん蔵)
一之宮寄場会所印
(三澤恵一さん蔵)
一之宮外二十七ヶ村組合麁絵図面(入沢章さん蔵)
一之宮外二十七ヶ村組合麁絵図面
(入沢章さん蔵)
<関東取締出役>
 各寄場組合を実際に巡回したのが、幕府の下級役人である「関東取締出役」です。文化2年(1805)年に設置された役職で、広域的に治安維持・警察的任務などを担当しました。
天保9年 関東取締出役寄場出張につき触書(入沢章さん蔵)
天保9年 関東取締出役寄場出張につき触書(入沢章さん蔵)
<組合村の事件簿>
 寄場組合の業務は、事件や災害・事故への対処、各種調査・回答など、きわめて多岐にわたっていました。
寄場組合の御用留(入沢章さん蔵)
寄場組合の御用留(入沢章さん蔵)
安政7年 井伊大老を暗殺した水戸浪人の捕縛命令(入沢章さん蔵)
安政7年 井伊大老を暗殺した
水戸浪人の捕縛命令
(入沢章さん蔵)

6 入沢家の経営

 入沢家はもともと近江商人で、寛文年間(1661〜1673)に関東へ出てきて、一之宮村に定住したといわれています。
 入沢家は一之宮村で農業経営や米穀・薬種などの商売を行ういっぽう、享保16年(1731)には江戸へも進出し、「日野屋」の屋号で商業活動を展開しました。
日野屋の家訓(入沢章さん蔵)
日野屋の家訓(入沢章さん蔵)
入沢家が江戸で所持していた町屋敷の図(入沢章さん蔵)
入沢家が江戸で所持していた町屋敷の図(入沢章さん蔵)

展示ケース

 寄場組合に関する史料や、入沢家当主の文化人的側面をあらわす一例として、和算関係の史料などを展示しています。
天保8年 一之宮寄場組合設立時の議定書(入沢章さん蔵)
天保8年 一之宮寄場組合設立時の議定書(入沢章さん蔵)
天保4年 関流和算草稿(入沢章さん蔵)
天保4年 関流和算草稿
(入沢章さん蔵)
本文ここまで