寒川総合図書館・寒川文書館:文書館をご利用の方

第20回企画展 寒川町 75年の軌跡
(会期:平成27年10月31日〜平成28年2月28日)


展示会場
展示会場
 昭和15年(1940)11月1日、寒川村が町制を施行し、寒川町が誕生しました。それから75年。寒川町はどのように発展を遂げたのでしょうか。 この展示では、毎年のおもなできごとを年表風に紹介しながら、町の軌跡をたどります。皆さんもぜひご自身の思い出と重ね合わせながらご覧いただければ幸いです。
20回展示
昭和15年(1940)
9月30日 町議会で町制施行が決議される
10月1日 国勢調査が実施される。6,772人、1,146世帯。
11月1日 町制が施行され、寒川町が発足。初代町長に広田孝基が就任。
11月10日 寒川神社で紀元二千六百年祭が行われる。
昭和16年(1941)
4月1日 寒川尋常高等小学校が寒川町国民学校と改称される。
6月   岡田に日本内燃機(株)寒川製造所が創設される。
12月5日 一般家庭の金属回収について通知が出される。
昭和17年(1942)
4月18日 寒川に初めて空襲警報が発令される。
12月3日 寺社の梵鐘について供出の通知が出される。
(この年) 昭和産業(株)一之宮工場が海軍技術研究所に買収される。
(この年) 倉見の永池川河畔の桜が木炭用に伐採される。
昭和18年(1943)
2月16日 米英音楽レコード一掃について藤沢警察署より通知される。
5月20日 相模海軍工廠の開庁式が行われる。
10月20日 横浜興信銀行(現横浜銀行)寒川支店が一之宮に開業する。
昭和19年(1944)
6月1日 相模鉄道茅ヶ崎−橋本間が運輸逓信省に買収され、国鉄相模線となる。
8月22日 横須賀市立豊島小学校の児童が集団疎開に来る。
11月14日 寒川神社で萩園砲台の地鎮祭の祝詞が奏上される。
昭和20年(1945)
6月1日 寒川町国民義勇隊が結成される。
8月15日 終戦の詔勅が放送される。
9月6日 米軍の進駐について住民に注意書が通達される。
10月7日 豊島国民学校疎開児童が帰郷する。
昭和21年(1946)
6月   麻布獣医畜産学校(現麻布大学)が一之宮の相模海軍工廠宮前寮跡に移転。
7月17日 農村文化講座が開講する。
9月1日 寒川町青年団機関誌『寒川の泉』結成記念号が発行される。
昭和22年(1947)
4月5日 統一地方選が実施され、公選による初代町長として真田喜一が選出される。
4月30日 町議選で初めての女性議員が誕生する。
5月5日 寒川中学校が開校する。
7月23日 寒川町消防団が発足する。
昭和23年(1948)
2月23日 寒川町農業協同組合が発足する。
3月7日 寒川町公安委員会と寒川町警察が発足する。
5月27日 倉見地区組合員が寒川町農協から脱退し、倉見農業協同組合を設立する。
(この年) マスクメロンの栽培が復活する。
昭和24年(1949)
5月20日 寒川中学校敷地内に寒川町立図書館が開館する。
6月27日 『寒川弘報』(現広報さむかわ)が創刊される。
8月12日 寒川中学校敷地内に寒川町立公民館を開設する。
12月   寒川町体育協会が発足する。
昭和25年(1950)
7月1日 国民健康保険事業が始まる。
8月   寒川町婦人会が発足する。
10月11日 町章を制定する。
11月1日 町制10周年記念式典および諸事業が行われる。
昭和26年(1951)
4月6日 第1回観桜駅伝が開催される。
6月   『郷土史話さむかは』が発行される。
9月24日 第1回町民体育大会が開催される。
9月29日 住民投票で自治体警察の廃止を決める。
昭和27年(1952)
3月10日 寒川町青年団機関紙「寒青新聞」が創刊。
11月1日 寒川町教育委員会が発足する。
(この年) 公民館裁縫塾が「みどり女学院」と改称される。
昭和28年(1953)
8月7日 相模川に架かる神川橋が開通する。
8月20日 寒川町郷土会が結成され、越の山横穴古墳群の発掘調査が始まる。
10月1日 寒川小学校の校歌・校旗が制定される。
昭和29年(1954)
2月16日 茅ヶ崎市から合併の申し入れがなされる。
6月16日 藤沢市から合併の申し入れがなされる。
9月   貴船大神に殉国碑が建立される。
12月23日 寒川駅西側に公衆浴場「すずらん湯」が開業する。
昭和30年(1955)
4月1日 岡田に町立さむかわ保育園が開園する。
7月15日 大野町と境界変更し、約20㏊が寒川町に編入される。
10月15日 旭分教場跡を利用し、農繁期のみの旭季節保育園が開設される。
10月23日 第10回国民体育大会の「聖炎旗」が町内をリレーする。
昭和31年(1956)
  3月     南部土地改良区(一之宮・中瀬・大曲・田端)の設立が認可される。
6月3日 寒川郵便局が一之宮から寒川駅北口に移転。
  8月     宮山で梨の栽培が始まる。
昭和32年(1957)
4月15日 寒川派出所が大山踏切南側から一之宮の大山街道沿いに移転する。
5月1日 倉見行安寺に殉国碑が建立される。
11月1日 旭ファイバーグラス湘南工場が操業を開始する。
昭和33年(1958)
4月9日 中部土地改良区(宮山・小動・小谷・岡田)が設立認可される。
4月15日 寒川小学校で給食が始まる。
7月15日 一之宮と筒井に老人クラブが発足する。
10月   岡田地改良区(岡田・大蔵・小谷・下寺尾)が設立認可される。
昭和34年(1959)
3月18日 大蔵に高座豚の祖・ペンドレーバグルボーイ二世号の墓が建立される。
9月1日 寒川・倉見両農協が合併し、寒川町農業協同組合となる。
昭和35年(1960)
1月5日 東海道新幹線の相模川橋梁が着工される。
2月13日 寒川小学校隣に寒川町公民館が開館する。
10月1日 岡田に県営住宅が完成する。
11月15日 相模線西寒川駅の旅客営業が再開される。
昭和36年(1961)
2月11日 農協の有線電話の竣工式が行われる。
4月1日 一之宮・旭両分教場が寒川小学校から分離独立する。
8月   町営プールが宮山新橋地区に開場する。
10月1日 寒川町商工会が発足する。
昭和37年(1962)
4月18日 湘南広域都市行政協議会が発足する。
4月19日 相模鉄道に海老名−倉見−寒川間のバス路線免許がおりる。
6月23日 東海道新幹線綾瀬−小田原間で試運転が始まる。
10月1日 寒川町区長連絡協議会が発足する。
昭和38年(1963)
2月4日 公民館で公営結婚式が行われる。
3月1日 一之宮小学校北側に一之宮愛児園が開園する。
4月1日 一之宮分教場跡地に総合福祉センターが開設。
6月   東洋通信機相模事業所が小谷で操業開始。
昭和39年(1964)
3月31日 寒川工業団地の造成が完成する。
4月1日 相模川の砂利採取が禁止される。
4月1日 寒川さくら幼稚園が開園する。
10月1日 日本鉱業(株)倉見工場が設置される。
昭和40年(1965)
7月24日 田端工業団地に初進出のユシロ化学工業神奈川工場が操業を始める。
8月31日 寒川町公共土地公社が発足する。
11月8日 宮山駐在所が中里交差点北側に新築移転する。
11月22日 相模線電化複線化促進期成会の設立総会が開かれる。
昭和41年(1966)
1月14日 中瀬に電話局が完成しダイヤル式通話が始まる。
5月5日 国府祭が神奈川県無形民俗文化財に指定され、6月21日から5月5日に変更される。
7月   寒川建築組合が発足する。
9月20日 寒川神社参道に二之鳥居が再建される。
昭和42年(1967)
3月10日 寒川駅と寒川神社参道を結ぶ町道寒川駅北口線が完成する。
7月5日 寒川町農協北部支店が倉見に開店する。
12月1日 救急車が配備され、救急業務を開始。
昭和43年(1968)
4月2日 寒川町納税貯蓄組合連合会が発足する。
4月   一之宮十字路に初めての信号機が設置される。
5月   高座地区河川をきれいにする会が結成される。
11月7日 県道海老名寒川茅ヶ崎線の目久尻川に寒川大橋が完成する。
昭和44年(1969)
4月   大曲にふじ幼児園が開園する。
11月   寒川病院が経営する寒川外科病院が一之宮に開業する。
12月1日 初めての児童館として倉見児童館がオープンする。
昭和45年(1970)
1月14日 寒川町文化連盟が発足する。
8月15日 寒川神社で第1回薪能が行われる。
11月1日 町制施行30周年記念で、商工祭、第1回文化祭などが行われる。
11月20日 景観寺の十一面観音立像が寒川町重要文化財第1号に指定される。
昭和46年(1971)
3月31日 美化センターが完成する。
4月1日 寒川町消防本部が設置される。
5月   農協の有線放送事業が廃止され、8月に町へ移管される。
7月   岡田に茅ヶ崎信用金庫(現湘南信用金庫)寒川支店が開店する。
昭和47年(1972)
4月1日 旭が丘中学校が開校する。
6月1日 大蔵に養護老人ホーム湘風園が開所する。
6月1日 農協本店事務所が寒川駅前に竣工する。
7月1日 寒川町子ども会連絡協議会が発足する。
昭和48年(1973)
2月15日 倉見幼稚園が設置認可を受ける。
4月2日 町の木(もくせい)と町の花(すいせん)が制定される。
5月25日 寒川ロータリークラブが発足する。
6月   南部土地改良が完了し、記念碑が建立される。
昭和49年(1974)
1月1日 湘南視聴覚ライブラリー協議会が発足する。
4月1日 寒川町体育協会が再編される。
6月15日 寒川青年会議所が発足する。
(この年) 新寒川音頭が制作される。
昭和50年(1975)
4月1日 旭保育園が移転、開園する。
6月   青年会議所が寒河江市青年会議所と姉妹JCを締結する。
7月14日 寒川町危険物安全協会が発足する。
昭和51年(1976)
5月18日 役場現庁舎の竣工式が行われる。
9月6日 寒川郵便局が寒川神社参道東側の現在地に移転。
9月9日 台風により目久尻川があふれ、宮山・倉見で大規模な洪水が発生。
10月1日 寒川町レクリエーション協会が発足する。
昭和52年(1977)
4月1日 さむかわ保育園が現在地へ新築移転。
4月1日 一之宮相和幼稚園が開園する。
9月   寒川町郷土研究会が結成される。
11月30日 寒川神社表参道整備工事が完成する。
昭和53年(1978)
2月17日 県営寒川新橋アパートの改築が完成する。
4月1日 県立寒川高等学校が開校する。
11月16日 寒川岡田郵便局が開局する。
12月1日 倉見神社の本殿と夫婦欅が町重要文化財に指定される。
昭和54年(1979)
5月7日 旭が丘中学校の夜間照明施設が供用開始となる。
11月1日 町民センターがオープンする。
12月1日 寒川ライオンズクラブが結成される。
12月15日 菅谷神社神輿が町重要文化財に指定される。
昭和55年(1980)
4月1日 小谷小学校が開校する。
5月8日 岡田派出所が新設される。
11月1日 町制施行40周年を記念し、町民憲章と「寒川町の歌」が定められる。
11月17日 寒川町商工会館の竣工式が行われる。
昭和56年(1981)
4月1日 健康管理センターがオープンする。
7月   商工会館前に浜降祭御旅所の碑が建てられる。
11月1日 生ごみ用の町指定収集袋が使用開始。
昭和57年(1982)
1月9日 県営住宅の建て替えにともない、岡田遺跡の発掘が始まる。
4月1日 北部文化福祉会館が開館する。
11月29日 寒川駅の南北をつなぐ人道跨線橋「さかえばし」が開通する。
12月1日 寒川外科病院が寒川病院と改称される。
昭和58年(1983)
4月1日 南部文化福祉会館が開館する。
4月1日 寒川町健康普及員を設置。
5月31日 寒川町青少年環境浄化推進協議会が発足する。
10月8日 一之宮に丸太の広場がオープンする。
昭和59年(1984)
3月30日 クリーンセンターの竣工式が行われる。
3月31日 相模線西寒川支線が廃止される。
4月1日 水道記念館と水の広場がオープンする。
(この年) 一之宮に初の高層マンション・ソフィア茅ヶ崎が完成する。
昭和60年(1985)
4月15日 大蔵の青少年広場が供用開始となる。
6月13日 核兵器廃絶平和都市宣言を行う。
7月1日 町営プールがオープンする。
9月7日 寒川駅の橋上駅舎の落成式が行われる。
昭和61年(1986)
4月11日 いこいの広場にグリーンテニスさむかわがオープン。
6月3日 都市計画道路柳島寒川線の役場−馬場間が開通する。
6月5日 横浜銀行寒川支店が寒川駅前に開業する。
10月20日 岡田地区で町内初の住居表示が実施される。
昭和62年(1987)
3月31日 防災行政無線が完成する。
6月5日 タウンニュース寒川版が創刊される。
9月28日 健康都市宣言を採択する。
10月26日 小谷で住居表示を実施する。
昭和63年(1988)
4月1日 湘南地区農業共済事務組合が発足。
7月30日 第1回サマーフェスティバルで初代ミスさむかわが選ばれる。
10月1日 がんを知る会の設立総会が開かれる。
11月13日 梶原氏顕彰会の設立総会が開かれる。
平成元年(1989)
1月24日 寒川神社の森が「かながわ美林50選」に選ばれる。
3月29日 一之宮緑道の開園式が行われる。
4月1日 寒川東中学校が開校する。
4月   一之宮東教職員住宅を改装し老人住宅を設置する。
平成2年(1990)
4月1日 消防新庁舎が健康管理センター隣に完成し、業務を開始する。
11月1日 町制施行50周年を記念し、寒川町と寒河江市が姉妹都市締結調印式を行う。
11月2日 一之宮公園の開園式が行われる。
12月6日 寒川ケーブルテレビが開局する。
平成3年(1991)
2月19日 寒川町観光協会が設立される。
3月16日 相模線が電化開業する。
3月16日 寒川地下道が開通し、県道相模原茅ヶ崎線が全通する。
8月10日 第1回納涼花火大会が開催される。
平成4年(1992)
2月26日 国民体育大会寒川町準備委員会が設立される。
4月29日 第1回緑のフェスティバルが一之宮公園で行われる。
9月6日 神川橋の架け替え工事が完成し供用開始となる。
12月26日 目久尻川の宮山橋の架け替え工事が完成する。
平成5年(1993)
3月26日 環境宣言を採択する。
7月1日 特別養護老人ホーム寒川ホームが小谷にオープンする。
7月30日 川とのふれあい公園の開園式が行われる。
平成6年(1994)
4月2日 南小学校が開校する。
7月   炭酸カルシウム入り可燃ごみ指定収集袋が導入される。
11月19日 さむかわ国際交流会が発足する
11月   寒川斎場が宮山にオープンする。
平成7年(1995)
3月1日 7つの農協が合併し、さがみ農業協同組合が発足する。
11月1日 クリーンセンター隣に老人憩いの家がオープンする。
11月20日 寒川産の梨を使ったワインが販売開始。
12月25日 美化センターが改築され稼働をはじめる。
平成8年(1996)
2月29日 寒河江市と災害時相互支援協定を結ぶ。
5月14日 藤沢市・茅ヶ崎市と図書館相互利用が始まる。
5月31日 神奈川県東海道新幹線新駅設置促進期成同盟会が発足する。
11月1日 文化財学習センターが一之宮小学校内にオープンする。
平成9年(1997)
2月20日 寒川駅に自動改札が導入される。
5月19日 寒川南インターチェンジ予定地でさがみ縦貫道路の起工式が行われる。
8月17日 かながわゆめ国体銃剣道競技リハーサル大会が南小学校で開催される。
10月2日 寒川神社社殿造営工事が竣工し、本殿遷座祭を斎行する。
平成10年(1998)
8月1日 総合体育館の一般利用が始まる。
10月22日 湘南銀河大橋が開通する。
10月25日 かながわゆめ国体銃剣道競技が開催される。
11月1日 町の鳥がダイサギに決まる。
平成11年(1999)
3月15日 地域振興券が発行される。
4月24日 ケーブルテレビで寒川町広報番組の放送が始まる。
10月16日 寒川小学校百周年記念式典が開かれる。
11月26日 寒川神社所蔵の「六十二間筋兜」が県重要文化財に指定される。
平成12年(2000)
4月1日 情報公開条例・個人情報保護条例が施行される。
5月11日 国際ソロプチミスト寒川が結成される。
7月16日 梶原景時没後800年記念祭が行われる。
11月1日 町制60周年記念表彰式が開かれる。
平成13年(2001)
3月27日 こすもすの郷の開所式が行われる。
4月1日 寒川町環境基本条例が施行される。
5月1日 一之宮庭球場が廃止され、県営グリーンテニスさむかわが町営さむかわ庭球場となる。
平成14年(2002)
1月8日 湘南市研究会が発足。
4月1日 寒川総合計画「さむかわ2020プラン」がスタートする。
5月1日 県道中海岸寒川線が一部開通。
9月25日 さがみ縦貫道路工事現場で不審物を発見。
平成15年(2003)
1月8日 コミュニティーバスの試験運行が始まる。
4月1日 小動にふれあいセンターがオープン。
5月26日 湘南市研究会が解散となる。
7月1日 健康増進法施行にともない、町内の公共施設を全面禁煙とする。
平成16年(2004)
1月5日 寒川駅南口バス転回場発着となる路線の運行開始。
2月13日 東海道新幹線倉見駅促進協議会が発足。
8月2日 寒川病院が新築完成。
10月1日 役場に防犯アドバイザーを設置。
平成17年(2005)
4月1日 プラスチック製容器包装の資源化回収を開始。
8月30日 寒川環境町民会議 さむかわエコネットが発足。
10月1日 国民健康保険証がカード型になる。
12月2日 JAさがみの大型直売店「わいわい市」開店
平成18年(2006)
2月14日 下大曲神社の四臂青面金剛像が県有形民俗文化財に指定される。
4月1日 レディオ湘南で寒川町広報番組「きらめき寒川」の放送が始まる。
4月1日 寒川駅南口にエレベーターとエスカレーターを設置。
11月3日 寒川総合図書館と寒川文書館が開館。
平成19年(2007)
4月1日 役場庁舎内に災害対策本部室を設ける。
10月1日 寒川商業組合が梨ジャムを販売開始。
10月7日 さむかわWAKUWAKU体操が初披露される。
11月10日 菅谷神社合祀100周年記念講演会を開催。
平成20年(2008)
3月8日 藤沢小売酒販組合寒川支部で寒川産米100%の日本酒「湘南・寒川」を販売開始。
4月1日 町ホームページにバナー広告を始める。
4月15日 都市計画道路寒川下寺尾線の一部で供用開始。
11月8日 寒川町で事業仕分けを実施。
平成21年(2009)
4月1日 老人憩いの家が、リサイクルセンター建設のため休館。
5月1日 全国瞬時警報システムの運用開始。
8月2日 寒川神社の神嶽山周辺整備が竣工、公開を開始。
10月5日 コミュニティーバス南ルートの運行を開始。
平成22年(2010)
3月23日 寒川町観光協会応援団長にDJ・HAGGYさん就任。
4月1日 田端スポーツ公園がリニューアルオープン。
5月5日 さむかわB−1バトル最終選考会で、寒川棒コロッケがグランプリ。
11月1日 町制施行70周年記念式典。
平成23年(2011)
3月11日 東日本大震災発生。寒川の震度は5強。
4月20日 寒川駅北口駅前広場の供用開始。
7月1日 町職員にポロシャツ着用によるスーパークールビズを導入。
10月9日 第1回寒川町ふれあい福祉フェスティバルが開催される。
平成24年(2012)
3月25日 広域リサイクルセンターの開所式を行う。
7月2日 湘南パスポートセンターを辻堂に開設。
8月19日 第1回寒川びっちょり祭りを開催。
11月10日 第1回みんなの花火を開催。
平成25年(2013)
4月14日 圏央道茅ヶ崎JCT−寒川北IC間が開通。
7月15日 第1回さむかわ神輿まつりを開催。
7月22日 寒川駅前公園東側に防犯連絡所を設置。
11月17日 産業まつりで寒川棒コロ応援団長コロ坊の着ぐるみがデビュー。
平成26年(2014)
3月19日 茅ヶ崎・寒川広域連携施策推進計画書を策定。
9月24日 寒川町議会の生中継がJCOMで放映開始。
10月1日 寒川駅−海老名駅間路線バス実証運行を開始。
10月6日 コミュニティーバス南ルート・倉見大村ルートに小型車両を導入。
平成27年(2015)
2月23日 議会にタブレット端末を導入。
3月8日 圏央道寒川北IC−海老名JCT間が開通。
3月29日 観光協会が寒川駅前に移転。
5月14日 寒川町と文教大学が連携協力に関する包括協定を結ぶ。