寒川総合図書館・寒川文書館:文書館をご利用の方

第23回企画展示  図書館・文書館 10年のあゆみ
(会期:平成28年10月1日〜平成29年2月28日)


 はじめに

 平成18年(2006)11月3日、寒川総合図書館と寒川文書館が開館しました。
 それからちょうど10年。これまで大勢の利用者やボランティアの皆さんに支えられ、寒川の知と文化の拠点として活動することができました。
 今回の展示では、この10年間の両館の取り組みについて振り返ります。
当館外観10周年記念マーク
                          10周年記念マーク

1 図書館・文書館ができるまで

 〈総合図書館までのあゆみ〉
 寒川に初めて図書館が誕生したのは明治42年(1909)のことです。
 高等寒川小学校内に設置された図書縦覧所がそのルーツで、平成18年(2006)の寒川総合図書館の誕生までさまざまな曲折がありました。
図書縦覧所規則
図書縦覧所規則 明治42年(当館蔵)
一之宮にあった図書館
一之宮にあった図書館 昭和33年
(三沢誠さん蔵)

 〈修史事業のあゆみ〉
 寒川における修史事業は、明治44年刊行の『寒川神社志』を皮切りに、さまざまな取り組みがありました。
 昭和61年から行われた町史編さん事業では、町内外からご提供いただいた5万点を超える資料の保存・活用のため、文書館が計画されることになりました。
寒川町史
『寒川町史』全16巻

 〈総合図書館の建設〉
 平成14年(2002)に始まった寒川町の総合計画「さむかわ2020プラン」のもと、総合図書館と文書館の複合施設を建設することになり、平成15年3月に基本計画が決定しました。平成16年11月から神奈川県企業庁による工事を開始し、平成18年6月に竣工となりました。
基本計画書
基本計画書
平成15年3月 (当館蔵)
建設中
建設中 平成18年2月 (当館蔵)

2 2006年11月3日 開館の日

 平成18年(2006)11月3日、寒川総合図書館・寒川文書館が開館しました。
 当日は早朝から開館を待ちわびる人たちの列ができるほどで、この日だけで図書館に3,108人、文書館に680人の来館がありました。
 その後も講演会、おはなし会、展示説明会などの行事が続きました。
テープカット
テープカット
開館を待つ人々
開館を待つ人々

3 総合図書館の10年

 総合図書館では図書館サービスの向上に務め、身近な図書館をめざしてきました。
 図書館がこれまで行ってきたさまざまな普及事業や、そのポスター・チラシなどを紹介します。
本棚のだ〜なくん
寒川総合図書館
キャラクター
本棚のだ〜なくん
複合展示
複合展示「こわ〜い本をあつめてみました」
おはなし会
おひざにだっこのおはなし会

4 寒川文書館の10年

 文書館では、寒川に関するオリジナルの記録資料を収集、整理・保存し、公開しています。
 また、展示や講座、講演会、刊行物の発行などの普及事業を行っています。「寒川のことなら何でも調べられる場所」をめざして活動してきた文書館のこれまでを紹介します。
取り扱う資料
取り扱う資料(古文書)
取り扱う資料
取り扱う資料(公文書)
燻蒸作業
カビや虫から資料を守る燻蒸作業
水損資料応急措置
水損資料応急措置ワークショップ

5 複合管の魅力

 複合館であるメリットを活かし、レファレンスの相互協力や事業の共催、図書検索システムの共有など、お互いに協力し合いながら運営を進めてきました。ここではその成果の一端を紹介します。
ICタグ
同じ図書検索システムに登録し、ICタグで管理

展示ケースから

 開館記念の記念品や記念誌、1周年記念事業の資料などを展示します。
開館時パンフレット
開館時パンフレット
開館記念品
開館記念袋
開館記念品
開館記念品
開館記念誌
開館記念誌
本文ここまで