寒川総合図書館・寒川文書館:文書館をご利用の方

寒川町史研究 第7号 <平成6年(1994)3月刊>

<特集>江戸時代の寒川
花川用水の堰普請と用水組合馬場弘臣
相給村落と分郷
 −相模国高座郡一之宮村の事例−
井上 攻
近世における「家」意識
 −一之宮村入沢家を題材として−
桜井昭男
琴を愛でた旗本杉浦正職
 −丹波の碑文を手がかりに−
大口勇次郎
<インタビュー>
寒川村人権蹂躙事件の弁護士を誇りとして
 −早川喜代次氏聞き書き−
語り手 早川喜代次
聞き手 内海 孝
<一枚の写真>
横須賀からの学童疎開岩城清一
<歴史への扉>
身近な民俗学(7)−世間との交渉−青木俊也
<寒川の遺跡>
岡田遺跡と縄文時代の集落鈴木保彦
<書 評>
『寒川町史』11 別編 美術工芸三山 進
<視察研修レポート>
江戸東京博物館・西那須野町郷土資料館・小山市博物館原田賢三
 
寒川町史年表稿(平成5年)
寒川町史編さん日誌(平成4年度)
刊行物のご案内
町史編さん関係者名簿
あとがき
価格:1000円(送料215円)
町史研究 第7号
本文ここまで