寒川総合図書館・寒川文書館:文書館をご利用の方

寒川町史研究 第30号 <平成31年(2019)3月刊>  令和元年5月1日より販売

<特集>マッチラベルのデジタルアーカイブ
特集にあたって−デジタルアーカイブ事業の概要−高木秀彰
たるみ燐寸博物館はいかに鍛えられたか小野隆弘
マッチラベルと寒川地域社会−商業地勢の立体化をめぐって−内海 孝
マッチ国産化政策と吉井友實−資料紹介/交詢雑誌「東京新燧社之記」内海 孝
<講演会記録>
茅ヶ崎と寒川の幕末維新大口勇次郎
<実習レポート>
博物館実習に参加して加山菜穂子
 
寒川町史年表稿(平成30年)
寒川文書館業務日誌(平成30年2月〜12月)
刊行物のご案内
文書館関係者名簿
あとがき・表紙解説
価格:500円(送料215円)
町史研究 第30号
本文ここまで